2017年2月9日木曜日

大手コンビニとの賃料13.4%も増額改訂できた!

私どもがご紹介して私どもの顧問先が購入していた都心5区の駅歩1分の相続対策用ビル学校の1階には大手コンビニが入居していました。
 
家主は2014年夏ごろから賃上げ交渉をしていましたが、合意に至らなかったため、2015年末頃賃料増額の調停申立を行ったそうです。
 
2016年末頃賃料が、2015年末から遡及して月額130万円から1474000円に増額する旨の調停拍手が成立したそうです。
 
地方では家賃の値上げは珍しいが、都心一等地の家賃値上げは田舎者にとってはびっくり驚きでした。                                     宅地建物取引士 竹本正憲

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...