2012年1月26日木曜日

M&Aは業績絶好調時がチャンス!

弊社の顧問先A社で大型のM&Aが成立した。

業績が毎年成長しており、絶好調であったため、純資産の数倍で売却できたのです!(-^□^-)

営業権を高く評価いただけたのです。業績が下がり赤字になると、営業権はほとんど無価値になります。

だから絶好調の時にM&Aを決断すべきです。

資本金1000万円の会社が50億円で売れたのですニコニコ

所得税と住民税の合計税額は、50億円から資本金1千万円を控除した売却益の20%で完了するのです。


大きく儲けると日本の場合、半分税金でとられるのが一般ですが、
なんと20%と低率、かつ他の所得がどんなに多額にあっても合算課税がない分離課税なのです。

このM&Aのデメリットとして、M&A前は自社株の相続税評価額が約5億円であったものが、M&A後は50億円になり、相続税が25億円近く課税されるという弱点があります。

これから、A社では、弊社㈱船井財産コンサルタンツ高松のコンサルで相続税対策を実行していかなければなりません。

    節税対策専門の2階建て税理士  竹本 正憲
 

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...