2010年11月7日日曜日

武富士倒産の原因=日本の法人税制は倒産促進税制 経営を安定化させるにはどうするか

武富士の倒産は他人事ではありません。



優良企業も、不測の事態が発生すれば、日本の税制上は倒産しやすいのです。



日本では大企業が赤字になっても、過去に払った法人税は中間納税分を除いては、戻らないのです。



武富士が融資先に融資しても、しばらくは融資先から金利収入があるのが一般的です。この金利収入は、元本が完済されていないので、架空の利益だったのです。架空の利益に対する仮納税をしていたのです。そして、元本が貸し倒れになっても、仮納税額は戻らないのです。



ただし、中小企業に関しては過去1年分は戻ります。諸外国では平均過去3年分も戻るのです。やはり、日本の法人税法上は倒産しやすいと言えます。



将来の不測の事態に備えて、多種多様な対策をしておけば、倒産しなかったでしょう。



日本の人口は今後大幅な減少が予想されています。現在高収益の企業でも、将来利益が落ちる可能性もあるのです。



これに備えておくことが必要です。



また、所得税・相続税も上昇が予想されます。



なお、最近、最高の所得税率50%が実質的に25%(マル秘)になり、法人税も相続税も低下になる方法等を発見しました。



ご興味のある方はご来店無料個別相談も可能ですので、下記にお電話ください。





   090-8283-9911




 優良企業・医療法人の100年存続コンサルタント 税理士 竹本 正憲

ご存知ですか?高額所得者の皆様、所得税と住民税の合計税率を20.315%に引き下げる方法!

高額所得者の皆様、所得税と住民税の合計税率を 20.315 %に引き下げる方法!ご存知ですか? ①     課税所得が 2200 万万円の人が、法定耐用年数が経過した米国木造建物 2000 万円に投資したとします。 ...