2010年2月8日月曜日

最後の大型生前贈与のうち最も高利回商品は近々販売停止か?

日本にある生命保険会社約50社のうち年金受給権の贈与プランを取り扱いしている会社が4社だけある(ノ゚ο゚)ノ。



このうち1社は4年たつと元本以上になり確定高利回りなので、保険会社にとって金利変動リスク等が大きく、近々販売停止になる可能性があるとのことです。



たとえば、将来市場金利が高騰した場合、保険の年金受取人は中途解約に走るので、保険会社の資金繰りが困るかもしれませんカゼ。ですから、保険会社は大きな金額を受け入れることができないのです。



昨年も数社が販売停止に踏み切りましたね。それは株価が急落して、元本保証している保険会社が損をしたからです(ノ_・。)。



このように、販売停止になる商品を狙って投資するのが好きな人がいるので、保険会社にとって迷惑でしょうね。



節税保険コンサルタント 竹本 正憲





高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...