2008年12月17日水曜日

生前贈与巨額節税プラン:税制改正見送り決定?

生前贈与節税プランは年内最後のチャンス!




父から孫に1千万円の現金による贈与を行う場合、

基礎控除額110万円控除後の890万円が

課税価格になる。

しかし、個人年金を活用し、

年金受給権として贈与を行う場合、

課税価格を

大幅に圧縮することが可能だ!

例として、

一時払年金保険料1千万円、

年金受取期間40年の個人年金に加入する。

契約者:父、

被保険者および年金受取人:孫

という契約形態の場合、

年金受取開始時の贈与税の取扱いは

契約者(父)から年金受取人(孫)への

年金受給権の贈与です。

課税価格は、

年金として受取る総額が1千万円の場合、

その20%(35年超の年金受給権の評価割合)を

乗じた200万円となり、

他に贈与が無い場合、

基礎控除後の90万円が課税価格になる。

1千万円の現金を贈与する場合と比較して

800万円分もの評価額を圧縮できるえっ

保険会社ごとに、

契約から年金開始(贈与)までの据置期間は

1年~10年まで同様に幅がある。

10年の据置期間だと、10年後の贈与になり、

10年後は税制改正のリスクが極めて高い。

ところが1年の据置期間だと、

1年後の相続税法による税額計算となり、



20081212日の税制改正大綱には

この税制改正案が盛られなかったので、

2008年中の契約であれば2009年の贈与となり、

税制改正リスク少なく生前贈与できることになった。

関連メルマガの申し込みは ⇒  http://www.funai-t.co.jp/mailmag/index.cgi





高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...