2015年3月9日月曜日

太陽光投資案件は20年以内で、中途換金もできる!

太陽光投資案件は、投資期間が20年物が多い。
20年間、中途換金できないと誤解されている方もいらしゃる。


レバレッジド・リースやオペレーティング・リース(航空機リースや船舶リースが多い)は、契約上中途換金できないと契約書に書いてある。中途換金に応じると課税上弊害があるからです。


しかしながら、弊社のコンサルにより、多社が中途換金に成功し、倒産防止もできている。ニコニコ


太陽光投資の場合は、課税上の弊害も少なく、高利回りなので、中途換金しても、元本割れリスクが少ない。元本以上で換金できることもあります。


なお、原則5年物の太陽光投資案件もあります。







高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...