2015年3月9日月曜日

太陽光投資案件は20年以内で、中途換金もできる!

太陽光投資案件は、投資期間が20年物が多い。
20年間、中途換金できないと誤解されている方もいらしゃる。


レバレッジド・リースやオペレーティング・リース(航空機リースや船舶リースが多い)は、契約上中途換金できないと契約書に書いてある。中途換金に応じると課税上弊害があるからです。


しかしながら、弊社のコンサルにより、多社が中途換金に成功し、倒産防止もできている。ニコニコ


太陽光投資の場合は、課税上の弊害も少なく、高利回りなので、中途換金しても、元本割れリスクが少ない。元本以上で換金できることもあります。


なお、原則5年物の太陽光投資案件もあります。







0 件のコメント:

コメントを投稿

竹ちゃんマンの資産運用商品研究シリーズ第1弾 不動産特定事業法に基づく「京都不動産」

竹ちゃんマンの資産運用書品研究シリーズ第 1 弾 不動産特定事業法に基づく「京都不動産」 今月より資産運用商品の解説シリーズをメルマガにて発送することとした。 商品名:不動産特定事業法に基づく「京都不動産」 販売業者:東証一部上場の不動産特定共同事業法業者 ...