2013年3月28日木曜日

5棟10室基準に満たないアパート経営者の節税対策

小規模不動産貸付事業者で事業的規模に満たないため、
65万円の青色申告特別控除が受けられず、
10万円の青色申告特別控除に甘んじている人が多くいます。

これに対して、面白い対策を講じている納税者を発見しました。

その納税者は6室のマンションを貸していて年間1000万円の収入を得ていました。
この状態では10室未満なので、10万円の特別控除しか受けられません。

そこで、10億円のビルの100分の1を共有で購入しました。
1千万円の投資で、売上は年間50万円です。

でもこのビルは10階建てで、10室に貸し付けています。
下記の国税庁事務連絡=税務通信2394号により、
10室に貸しているということになります。

合計で16室貸しているということになり、10室基準を満たし、
原則として、65万円の特別控除が受けられます。
55万円もの資金の要らない節税ができます。

弊社はこのような共同ビルをご紹介できます。

しかし、余り極端に売り上げが少ないと、税務否認を受ける可能性もありますので、顧問税理士にご相談くださいませ。


国税庁事務連絡=税務通信2394号

共有で建物を持っている場合には、
共有者の共有持分を合計したところで「5棟10室」の判定を行います。
(国税庁事務連絡=税務通信2394号)

詳細は http://www.tabisland.ne.jp/explain/kakutei13/kak13_61.htm

明日3月29日(金)16時からの弊社におけるセミナーでもこの問題を解説いたします。
セミナーのお申し込みは
http://www.midori-zc.co.jp/seminar/seminar.php?id=549

(株)みどり財産コンサルタンツ 税理士 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...