2014年7月24日木曜日

相続対策のスタートは早いほど良い!

相続税対策のスタートは早ければ早いほど良い!



2015年1月1日午前0時以降の死亡者より、相続税は大増税になる!!

しかし、誰も自分の死期をコントロールすることはできない。

従って、来年以降の大増税の後に亡くなることを想定して、早くから対策を始める方が望ましい。

この際に、最も誤解されているのが、「まだ若いので、相続対策のスタートは早い」と勘違いしておられる方が多い!



相続対策を早くからスタートした方が良い3大理由

(1)若死対策

日本は世界有数の長寿国であるが、なんと日本人の1年間の全死亡者中の54%は、長寿を全うできず、下記折れ線グラフの通り、3大生活習慣病(がん・心臓病・脳卒中)で若死している。老衰は4.8%と少ない叫び

折れ線グラフ

平成26年 我が国の人口動態(政府統計) より

























若死すると幼い遺族は何ら準備ができていず、困り果てる。

若い時に急死すると、残された遺族も若いために知識不足もあって、最悪の状態になる。

40才の働き盛りに癌で亡くなった男性がいた。

妻は30才、子供が1才と2才、相続対策を全くされていなかったのだ!

相続税が払えず、先祖代々の土地を手放した。

葬儀の時に子供は、父親の死がわからず、微笑んでいたのには、涙がでた!

毎年、親御様が癌と宣告され入院されてから、相続対策を弊社に依頼される子息がいる。対策を実施される前に、亡くなる人が多いしょぼん

(2)複合対策によるシナジー効果

全ての相続税対策にはデメリット(リスク)も若干はある。

時間をかければ多種類の対策を実行できるので、リスク分散も可能。

10種の対策をやれば1つくらいは成功しないかもしれないが、全体では成功する可能性が極めて高い。

複数の対策の組合せによる対策(複合対策)がシナジー効果を生むことも多い。

1つの対策のデメリットが、他の対策を組み合わせることによりカバーされる。

また、時間をかければかけるほど効果の出る対策もある。

(3)変化に対応可能

亡くなるまでには時間があるので、税制改正等変化に対応可能な場合が多い。

弊社の現顧問先A氏も、他のコンサルタント会社の提案により大型相続税対策を40才代に導入していたが、税制改正で効果が少なくなっていた。

A氏は67才の時に代表取締役を勇退して時間を作り、弊社と顧問契約を結び、時間をかけて隔月程度で1種ずつ対策を実行し始めている。

すでにA氏はこの4年間で20種以上の対策を弊社の提案により実施し、効果が発揮され大変喜んでいただいている。

そのうえ、親戚の方も、弊社の顧客としてご紹介いただいたニコニコ!!

以上 税理士 竹本正憲






0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...