2016年12月25日日曜日

110万円でなく、500万円も無税で生前贈与できるものがあった!

本年一部上場した(株)インテリックスから不動産特定事業法の横浜元町の不動産が販売されているのを知りました。そこで早速インテリックスの担当者に東京から㈱船井財産コンサルタンツ高松まで説明に来て頂きました。
総額10.5億円の横浜元町の不動産です。1口100万円で1050口、10.5億円販売されているそうです。もうすでに3.7億円売れたとのこと。売りきれては困るというので、早速申し込まれた方もいました。 
 
更におもしろいことに気づきました。最低購入額は5口500万円からです。500万円分を購入して、500万円分を生前贈与すると、本年の贈与税法上の評価額を計算すると約100万円なりました。贈与税法上の基礎控除額110万円なので、他に贈与がなければ本年の贈与税を計算するとゼロにります。
 
 ☎ 090-8283-9911 税理士 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...