2016年11月11日金曜日

アパート経営者のあまり知られていない節税方法

事業的規模でアパート等の不動産所得を生ずべき事業を営んでいる方の年間65万円の青色申告特別控除と毎月7万円の小規模共済の税の恩典は多数の人に知られています。

 

上記の方が、事業所得に該当する太陽光事業も行った場合、独立行政法人の「中小企業基盤整備機構」の経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)で毎月20万円もの経費を作ることができます。➡ これはあまり知られていません。わたしも、最近気づきました。

 

 なお、太陽光事業は2千万円程度から可能です。借入して投資しても、採算に乗る優良案件を紹介しています。

換言すると、アパート経営等で不動産所得が黒字の方が、太陽光事業等の新規事業に進出し、事業所得を発生させれば、中小規模倒産防止共済でも節税もできす。

 

   税の特典活用専門の税理士 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...