2017年3月23日木曜日

コインランドリーの適地を捜しています。貸してください。売ってください。

私どものお客様である高額所得者、高収益法人のほとんどは、社会貢献と節税を兼ねて太陽光投資を導入しています。太陽光導入初年度は節税できましたが、2期目からは利益があがって、税金が多額にかかり、困っています。
 
2017年4月から、太陽光節税は原則できなくなりました。従って、他の方法での節税による経営安定化ニーズが発生しています。
 
いろいろの節税方法がありますが、太陽光事業は雨の時には、赤字です。雨の時に、黒字になる事業をやれば、赤字と黒字が相殺でき、経営が安定化します。それがコインランドリー事業なのです。
 
そのうえコインランドリーは、設備投資を促し、景気を良くするために、中小事業者及び中小企業に対し、機械装置の取得価額が160万円以上の場合等の多種の優遇税制が使えます。従って、現在コインランドリー事業がブームになっています。
 
なお、陣取り合戦になっているコインランドリー適地とは、下記のよう場所です。
賃借りがベストですが、購入でもOKです。
①マンション林立地帯等人口の多いところ
②近隣に競合するコインランドリーがないこと
③土地の面積は8坪~25坪程度、別に駐車場があれば望ましい
④大型商業施設(食品スーパー等)やコンビニ敷地
⑤1階の視認性が良い建物
  上記不動産情報を提供いただける方は留守録付090-8283-9911へお電話くだされば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...