2009年2月15日日曜日

法人の投資信託の損が、140%取り戻せた!

・・・損して得する方法・・・・


弊社で最近事業承継の顧問先になった未上場会社Aは投資信託に1億円投資していた。
なんと現在6000万円に大暴落している。


弊社の提案により投資信託を売却して4000万円の損だしを実行し、法人税の課税所得が4800万円から800万円になった。これにより、法人税が4000万円×約40%=1600万円得した。


自社株の相続税法上の株価が低落したので、子世代へ自社株の贈与と売却を行った。これによる贈与税の節税効果が約1000万円、相続税の節税効果が約3000万円の見込みである。


このA社は典型的な同族会社で、個人法人を一体として考えれば、キャシュフローは、1600万円+1000万円+3000万円-4000万円=1600万円と1600万円もプラスである。4000万円の損が140%の5600万円の得をもたらすのだにひひ


こういう事例が、現在多数発生している。株式移転の絶好のチャンスである。上場株式や不動産の含み損でも同様な効果が得られるので、対象先は非常に多い。


これらの資金の要らない節税対策も、下記のセミナーで発表します。
↓↓↓↓
開催日 ⇒2月20日(金)
開催時間⇒17時~19時10分
場所   ⇒高松市塩上町3-1-1みどり合同経営ビル内
題目   ⇒経営承継円滑化法の対応法、事業承継対策事例等ご紹介

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...