2010年3月11日木曜日

法人税節税=利益繰延君は泣いている?

利益繰延君は泣いている?□■□



法人税の利益を繰り延べる提案をしている人は納税者から誤解され泣いています。


例えば、私たけちゃんマンがお客様に利益の繰延提案をしても、「繰り延べるだけでどうせ税金払わないといけない。」

「繰り延べるだけで免税にはならない。」とお客様に反論されます。




確かに大企業の場合は、法人税は定率課税なので、お客様の反論のとおりです。


しかし、大企業の場合でも、赤字が発生するまで利益を繰り延べれば大きく免税できます。赤字になれば課税所得に対する法人税はゼロだからです。




資本金1億円以下の中小企業の場合は、赤字にならなくとも免税可能です。法人税率は「超過累進課税」になっているのです。



課税所得800万円超分の実効税率⇒40.87%

400万円超~800万円以下分   ⇒26・84%

0万円~400万円以下分      ⇒24.87% 

赤字部分               ⇒0%

(ただし、過去1年分の法人税が還付)

 

ですから、800万円超部分の利益を繰り延べると、利益繰延だけでなく、絶対節税=免税=パーマネント節税になるのです。

ご興味のある方は、下記ご参照ください。













0 件のコメント:

コメントを投稿

ご存知ですか?高額所得者の皆様、所得税と住民税の合計税率を20.315%に引き下げる方法!

高額所得者の皆様、所得税と住民税の合計税率を 20.315 %に引き下げる方法!ご存知ですか? ①     課税所得が 2200 万万円の人が、法定耐用年数が経過した米国木造建物 2000 万円に投資したとします。 ...