2010年6月24日木曜日

酒を適量飲むと心血管死は少なくなる 百薬の長のアルコールを飲もう!

2010年3月30日発刊の、米国の学会誌に「アルコールと心臓の関係」に関する執筆があったとのことです。
米国におけるアルコール摂取量と「心血管死」の関連が調査された。なお、「心血管死」とは心筋梗塞などの心臓病、大動脈瘤などの大動脈の病気及び脳血管の病気すべてを含むものです。


まったく酒を飲まない人 心血管死亡のリスクを1と仮定すると?



機会飲酒の人 ⇒0.95
小程度の飲酒 ⇒0.69
中程度飲酒   ⇒0.62ニコニコ
大量飲酒の人 ⇒0.95
以前は飲んでいたが、止めた人⇒1.02ガーン


中程度の飲酒とは週に3~7合程度とのことです。


私の場合は、1日当たりは少量ですが、ほぼ毎日アルコール漬けです。週に10~20合程度で大量飲酒の人に近いですねドクロ
飲む量を減らさなくては叫び


上記は百十四銀行系財団法人香川経済研究所発行の調査月報2010年6月号において国立病院機構 高松医療センター 病院長 水重克文先生が執筆されていたものです。



健康節税コンサルタント 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...