2010年6月13日日曜日

菅首相、法人税率大企業も引き下げ断行か! 対策は?

昨年の民主党のマニフエストで中小企業のみ法人税率が18%から11%に引き下げると約束されていました。



残念ながら、これは本年4月改正では見送られました叫び



しかし、来年4月までにはいよいよ実施されそうになりましたにひひ



6月11日の政権公約会議で中小企業に限らず、全法人の法人税率下げが明記されることが決定されたのだニコニコ



日経新聞6月12日の図表「法人所得課税の実効税率の国際比較」を見て見る。なんと、日本(東京都)40.69%が米国と並んで、著しく高いのです。中国は25%、シンガポールは17%なのです



これでは外資が日本に進出しませんね。日本企業の海外移転が増えますね。これでは景気が良くなるはずはありませんむっ



中小企業の社長様、アパート等の個人事業主様、単に税金が将来安くなると喜ぶだけより、もっと賢明な方法があります。



引き下げ前から効果を享受する賢い対策が次のように多々あるのです!



高所得の個人事業主は法人化することです。相続税対策にもなります。



すでに法人を持っている会社は利益を先送りすることです。



課税所得が800万円以上ある法人は、分社するか、持株会社、子会社等を設立することです。



詳しい説明会を高松商工会議所主催で行います。グループ法人税制の9月までの緊急対策も語られるようです。ご興味あられる方は下記クリックください。
http://www.funai-t.co.jp/seminar/seminar.php?id=246



 健康節税コンサルタント 竹本 正憲(税理士)

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...