2011年6月22日水曜日

財産の多い人、財産の少ない人、相続争いが多いのはどちらでしょう。

自宅以外に財産がほとんどない人で子供が2人以上いると、争族と化することが多い。
相続争いする相続一家のことを争族プンプンという。
何故、財産の少ない人の方が争族が多いのだろうか?

財産が少ない人は、遺言を書いていない人が多い。

遺言がないと、子供達は平等で相続することになる場合が多い。

現預金が少ないと、自宅を共有で相続しなければならなくなる。

この場合、兄弟間で売りたい人と売りたくない人がいて、揉めることが多い。

共有者全員が売りたい場合でも、いくらの売却価格で売却するかで揉める。

売却するのに日月を要し、現在のような不動産価格下落時代においては、売却価額が低くなることが多い。

自宅を貸す場合でも、家賃価額で揉めることが多い。

親の自宅に住まねばならない場合は、どちらの兄弟が住むかについて揉めることも多い。

したがって、子供が揉めないで仲良く助け合って生きてほしいと思う方は、遺言を書いておく方が良いでしょう。

このような争族防止のセミナーを弁護士西山司郎先生を迎えて開催します。


ご興味のある方は

http://www.funai-t.co.jp/pdfdata/file4de5d7e57dc99.pdf



   相続税対策専門の税理士 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

竹ちゃんマンの資産運用商品研究シリーズ第1弾 不動産特定事業法に基づく「京都不動産」

竹ちゃんマンの資産運用書品研究シリーズ第 1 弾 不動産特定事業法に基づく「京都不動産」 今月より資産運用商品の解説シリーズをメルマガにて発送することとした。 商品名:不動産特定事業法に基づく「京都不動産」 販売業者:東証一部上場の不動産特定共同事業法業者 ...