2011年6月22日水曜日

財産の多い人、財産の少ない人、相続争いが多いのはどちらでしょう。

自宅以外に財産がほとんどない人で子供が2人以上いると、争族と化することが多い。
相続争いする相続一家のことを争族プンプンという。
何故、財産の少ない人の方が争族が多いのだろうか?

財産が少ない人は、遺言を書いていない人が多い。

遺言がないと、子供達は平等で相続することになる場合が多い。

現預金が少ないと、自宅を共有で相続しなければならなくなる。

この場合、兄弟間で売りたい人と売りたくない人がいて、揉めることが多い。

共有者全員が売りたい場合でも、いくらの売却価格で売却するかで揉める。

売却するのに日月を要し、現在のような不動産価格下落時代においては、売却価額が低くなることが多い。

自宅を貸す場合でも、家賃価額で揉めることが多い。

親の自宅に住まねばならない場合は、どちらの兄弟が住むかについて揉めることも多い。

したがって、子供が揉めないで仲良く助け合って生きてほしいと思う方は、遺言を書いておく方が良いでしょう。

このような争族防止のセミナーを弁護士西山司郎先生を迎えて開催します。


ご興味のある方は

http://www.funai-t.co.jp/pdfdata/file4de5d7e57dc99.pdf



   相続税対策専門の税理士 竹本 正憲

0 件のコメント:

コメントを投稿

高額所得の方のための所得税の大型タックスプラニング

法人税の利益繰延による節税対策は多種多様にありますが、個人の所得税の大型節税対策は少くなっています。 本年の税制改正で米国中古木造建物を活用した節税対策ができなくなるとの予想でした。 ところが、昨年末の税制改正大綱で、本年は改正がなかったので、米国中古住宅を活用した個人の...